man with mobile phone on tram
smartphones and lives

需要の高い職業です

将来のことを考えて、今何が必要なのか?と考えたときに、どんな職業を思いつきますか?もちろん人によってどんな仕事がしたいのかはまったく異なってくると思いますが、まだまだ需要が高いと言われている職業といえば間違いなくインフラエンジニアになってくるでしょう。転職サイトでも今はインフラエンジニアの求人情報が普段から掲載されるようになり、まだ多くのインフラエンジニアが求められている時代です。ただインフラエンジニアはハードルがどちらかといえば高いですから、なかなか転職したくても厳しいという方が多いでしょう。このサイトではそんなインフラエンジニアに関する詳しい情報を紹介していきたいと思います。完全未経験の人がインフラエンジニアに転職するためには何が必要になるのか?そして実際に仕事に就くことになった場合、どんな仕事をしていくことになるのか?できる限り誰でもある程度理解できるレベルで話していくので、転職先をお探しの方は必ず全部読んでいただけると幸いです。ではインフラエンジニアはそもそもどんな仕事をする人なのか?簡単にいうとWEBサイトを作る人のことを言います。つまりインフラエンジニアがいなければいくら良い案があったとしても形にすることができないわけです。インフラエンジニアが持つプログラミング技術が、世の中にあるすべてのWEBサイトを構築していると言っても過言ではないでしょう。そして求められるプログラミング技術というのは、HTMLをはじめjavascriptやphpといった言語になります。これらを勉強するためには今専門の書籍だったり、最近ではインターネット上で勉強できるようになっていたりするので、自分の好きな形でマスターしてみると良いでしょう。

smartphone use

設計はとても大切

一番最初に求められるインフラエンジニアの主な仕事についての説明です。まったくまだ何もわからない人にとっては全然想像つかない仕事だと思いますので、ここで流れをがっつり掴んでおきましょう。

smartphone messaging

大事なのはまとめる力

作業前にまだまだやらなければいけないことがたくさんあります。インフラエンジニアは結構忙しいことが多いので、仕事に慣れるまではなかなか苦労することになるでしょう。

Using your phone before sleeping

チェックは常に行う

重要なポイントとして、アフターフォローがあります。インフラエンジニアは常に稼働するインフラが不具合を起こさないかどうかをしっかりチェックしなければいけませんので、かなり大変になります。